東京オリンピックの今年の夏大ハマり!「どっちが強い!? 動物オリンピック編 スポーツ王決定戦」




学童保育の友達の影響で、わが子が今年の夏にハマっているマンガ「どっちが強い!? 動物オリンピック編 スポーツ王決定戦」をご紹介します。

『どっちが強い⁉』シリーズとは、『角川まんが科学シリーズ』の1つであり、KADOKAWA社による「まんがで楽しく学ぶ」をコンセプトに小学生に向けて立ち上げた「学習まんがのシリーズ」に含まれます。

「角川まんが学習シリーズ」 とは、2021年現在「角川まんが学習シリーズ」「角川まんが科学シリーズ」「角川まんが超科学シリーズ」があります。また各々のシリーズに「日本の歴史」「世界の歴史」「どっちが強い⁉」「恐竜キングダム」「ナゾトキハンター」等の各種シリーズが含まれています。

動物の特徴をマンガで理解

『どっちが強い!?』シリーズとは

オールカラーまんが『どっちが強い!?』シリーズでは、既存の科学まんがにはなかった新しい切り口で、戦闘力が近い動物たちの本気バトルが描かれます。 たとえば、「生息地がちがうライオンとトラが、もしも直接対決したらどっちが強いの?」という素朴な疑問を入り口に、それぞれの生態を詳しく解説しつつ、動物たちのバトルで子どもたちの想像力を刺激し、自然科学の脅威を感じられるシリーズです。 今後も、さまざまな動物たちの超絶バトルが続々と繰り広げられます。 さあ、勝つのはどっちだ!?

出典:角川まんが学習シリーズ

『どっちが強い⁉』シリーズは、現実では実現しえない動物同士のバトルを通して、動物の特徴をはじめとした自然科学の第一歩を学ぶことのできるマンガです。

2021年現在で既に30冊近く刊行されており、「どっちが強い!? 動物オリンピック編 スポーツ王決定戦」は特別編の位置づけになります。

フルカラー漫画で読みやすい

本書は、全ページがフルカラーの構成であるため、動物たちに対する想像力を刺激して、バトル好きな子どもたちが夢中で読み進むことができます。

全ページの漢字に「ふりがな」がふられており、小学生から読むことが可能で、読書代わりにもぴったり!

登場人物の設定など、大人が読むと少し突拍子もないストーリー展開でさえ、わが子はケラケラ笑いながら、読んでいない親に事細かに説明してくれるほどハマっています。

オリンピック種目ごとの全16話

本書は、オリンピック種目ごとに動物たちが対戦する構成となっており、その数は16種目もあります。

つまり、全16話の各1話完結であるため、子どものペースで少しずつ読むことが可能です。

東京オリンピック2020で初めて採用されたスポーツクライミングまで掲載されています!

オリンピックコラムは大人も楽しめる

本書には、各話の最後に「五輪百科事典」というコラムがあり、大人でもじっくり読んでしまうほどに面白い!

五輪百科事典(例)
  • オリンピックの起源は祭典なの?
  • 金メダルは本当に「金」で出来ているの?
  • 古代オリンピックの走幅跳では両手におもりを持っていた?
  • やぶられない世界記録とは?
  • バドミントンのシャトルのはねは何枚?
  • 最年少と最年長の金メダリストとは?

各話に対して5~6コラムあるので、約100コラム近くあるのではないかと思います。

漢字ドリルが無料公開中!

最新刊の刊行にあわせて『どっちが強い!?』特製どうぶつかんじドリルも無料公開中!
「タコには 九つの のうが ある。」
「コアラは 一日に 22時間 ねる。」
「ワニのせいべつはたまごの温度で決まる。」
など、思わず人に話したくなるような動物雑学たっぷりの漢字ドリルだよ。

小学校1~3年生用の漢字ドリルが5枚ずつ、KADOKAWA児童書ポータルサイト<ヨメルバ>でダウンロードできるので、おうち時間や学童の勉強時間などに使ってね!

出典:角川まんが学習シリーズ(お知らせ)

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」「どうぶつかんじドリル」が無料で公開されています!

ダウンロードして印刷して、わが子も早速チャレンジしてました!

マンガで自然科学を学べて、無料で各レベルに合わせた漢字を学べて、最高のシリーズですね!

好奇心が子どもの教育に

先にも述べた通り「どっちが強い⁉」シリーズ は多数刊行されており、子ども自身の興味が湧くものから読んでみるのがよいと思います。

子ども自身が自ら興味を持ち、自らの力で読み進めることで自然科学に対する知識が定着していくものと考えています。

どっちが強い!? もっと動物オリンピック編 夏季も冬季も熱血バトル

「どっちが強い!? 動物オリンピック編 スポーツ王決定戦」の続編となります。

どっちが強い!? クロヒョウvsマンドリル まさかの空中決戦

「動物 vs 動物」の最新版となります。