我が家のディズニー知育玩具を紹介 1歳~2歳向けプレゼント用に最適

知育玩具

本サイトではアフィリエイト広告を利用しております。

我が子たちが未就学児の時に購入して大満足しているディズニー知育おもちゃのオススメを紹介いたします。ご自身のお子様のみならず、ご親戚やお友達の1歳~2歳くらいのお子様へのプレゼントを探している方は必見です。

ディズニー知育玩具をオススメする理由

そもそもなぜディズニーのおもちゃなのか?ディズニーが「英語に繋げやすく大人になってからも楽しめる」からです。

日本であれば、アンパンマンやドラえもんなどに触れ合う機会も多く、興味を持ちがちですが、英語に繋がりづらいんですよね…。ディズニーに比べると、圧倒的に英語に触れるオモチャが少ない気がしています。

そのため、我が家は小さいうちからディズニーに触れる環境を用意しました。もちろん両親がそこそこディズニー好きという理由もあります。

ディズニー知育玩具のオススメ3選

1位: ディズニー はじめて英語 ディズニー&ディズニー・ピクサーキャラクターズ おしゃべりいっぱい!ガチャ

1位として紹介するのは「ディズニー はじめて英語 ディズニー&ディズニー・ピクサーキャラクターズ おしゃべりいっぱい!ガチャ」となります。

1歳~2歳のお子様は全員買うべき!と思うくらいオススメの知育おもちゃとなります。Amazon等で常にランキング上位となっています。対象年齢は1歳~とありますが、我が家は半年も経たないうちに購入し、ヨチヨチ歩きをする頃から楽しんでくれています。

主な特徴は、10種類の色のついたボールを出し入れしたり、隣に付いているカップにボールを置いたりして、ディズニー・ピクサーキャラクターの有名なセリフなど100種類以上のおしゃべりや音楽を楽しむことができます。日本語/英語の2モードあります。

親子教室ベビーパークキッズアカデミー等の幼児教室で基礎能力と唱えている「指先能力」を鍛えるのに最適なおもちゃです。知育に繋がる重要な基本動作を学ぶことができます。

  • ボールを掴む
  • ボールを一定の場所に入れる
  • ボールを一定の場所に置く
  • バーを降ろす
  • 音を楽しむ
  • 歌を楽しむ
  • キャラクターの声を楽しむ

デメリットを挙げるとするならば、青いトレイが固定されないので、ボールがソファの下などに飛び散りやすいことですが、前向きに考えたら、お片付けを学ぶキッカケになります。

2位:ディズニー 日本語英語 ことばがいっぱい! マジカルずかん プレミアムDX

2位として紹介するのは「ディズニー 日本語英語 ことばがいっぱい! マジカルずかん プレミアムDX」となります。

我が家が購入したのは「ディズニー マジカルプレイタイム 日本語英語ことばがいっぱい! ペンでタッチ! ドリームおとずかん」の前のバージョンとなる「ディズニー おしゃべりイングリッシュPerfect!」になります。

主な特徴は、音声タッチペンを利用して、ディズニーキャラクターを元に、30種類近くのジャンルの名前や絵を学ぶことができます。本商品は、日本語/英語の2モードあります。

東京ディズニーシーで遊んだ翌日や沖縄でカクレクマノミを見た後などディズニーキャラクターやそれに関連するものに触れた後、必ずと言っていいほど自らこの本を開いて音を出して楽しんでいます。

デメリットを挙げるとするならば、英語モードでは英語のセリフ後に日本語が続いてしまいますのが少し気になりますが、私は英語と日本語の紐づけが出来るという点でむしろ歓迎しています。

3歳過ぎてもまだまだお世話になりそうですが、英語を本格的に学ばれるご家庭にはイマイチと思われるかもしれません。我が家はDWEを始めてからはあまり触らなくなりました…。逆に言えば、敷居の低い本製品でお手軽に始めるのも良いと思います。

ディズニーおしゃべり本(メニュー)

3位: マジカルプレイタイム できた! がひろがる ドリームトイパッド プラス ディズニーキャラクターズ

3位として紹介するのは「マジカルプレイタイム できた! がひろがる ドリームトイパッド プラス ディズニーキャラクターズ」となります。

移動中に遊べるおもちゃとなり、ゲーム機とタブレット端末を合わせたような知育アイテムです。お子様が持ちやすい形・サイズになっており、耐久性もあり使いやすい商品となっています。

主な特徴は、ディズニーキャラクターと共にミニゲームを遊びながら英語や数字や足し算などを学ぶことができます。電車内や飛行機内など移動中の子ども向けおもちゃを探している方にオススメの商品となります。

iPadなどのタブレット端末があれば、それで代替できるのかもしれませんが、大人が扱うものを渡すのはちょっと抵抗がある方にもよいかと思います。ちなみに我が子は3歳~5歳でも未だに使用していて、我が家にとっては長期的に使えてかなりコストパフォーマンスの良い品となっています。

ディズニートイパッド(メニュー)

デメリットを挙げるとするならば、タブレット端末ではないせいか、ちょっとばかり反応が悪いことです。タッチペンで2秒ほど押さないと反応してくれず、子供もたまに戸惑います。

親が一緒に楽しむことが一番大事

ディズニーおしゃべり本(ABC)

以上3商品をご紹介しましたが、「知育おもちゃ」だからといっても、おもちゃだけ与えて子供に勝手に遊ばせるだけでは知育にはうまく結びつきませんので、親が一緒に楽しみながら遊んであげることが一番大切だと思います。お子様と楽しい時間を過ごすキッカケになるおもちゃになれば幸いです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました